といえば、ミヒャエル・エンデの『モモ』ですが。
最近、私自身の行動はこの物語に出てくる時間貯金が関係しているのではないかと真面目に考えてしまう三家原なのです(まてこら)

続きを読む

↑このページのトップヘ