タグ:アークライト

毎週木曜日はキウイの日ーっ!
ってなわけで、今回ご紹介するのはアークライト様より発売中の「ディスカバー:未知なる大地へ」なのですー!٩(>ω<)و

プレイヤーはこっちを殺す気満々な動物や罠などとかいくぐると同時に、島に隠された謎を解いていこうというシナリオクリア型のボードゲームなのですよ!

このゲームの面白い点はもちろん、ランダム性! なんと箱によって使用できるシナリオ、キャラクター、アイテム、敵、地形まで違うんだとか! ゚+。:.゚(*゚Д゚*)゚.:。+゚

それだけに、プレイした人によってあれこれと細かい点が違ったり、「なにそれ!?」という新発見や驚きまで与えてくれるという今まで取り扱ってきたボードゲームの中でもかなり意欲作だと思いますねー。

危険な島の中を協力し合うもよし、または出し抜くもよし、果たしてそれが正しいのか? 島に隠された秘密とは!?
始めると続きが気になってしまう本作、果たしてその遊び方とは……!?

気になった人は、レビューにアクセスアクセスなのですーっ!(๑•̀ㅂ•́)و✧

ってなわけで、今回ご紹介するのはアークライト様より発売中の「ザ・ゲーム:フェイス・トゥ・フェイス」なのですーっ!

前作は四人で協力し合うザ・ゲームでしたが、今回はガラッと二人用対戦ゲームとして帰ってきたのですよ!(๑•̀ㅂ•́)و✧
……とはいっても、基本的なルールは「ザ・ゲーム」なので、前作をプレイした人はすぐに遊べると思いますねー。

今回加わった新要素によって、自分の行動が相手に、相手の行動が自分に有利に働いて……!?
その為、ワンアクション毎に相手の顔色を伺いながら、もしくは相手の顔を見ながらまさに「フェイス・トゥ・フェイス」な攻防戦を繰り広げていくのですよ!

ご興味のある方は、レビューにアクセスアクセスなのですーっ!( b*• ̀ω•́ )b


毎週木曜日はキウイの日ーっ! ゚+。:.゚(*゚Д゚*)゚.:。+゚ 
今回ご紹介するのは、アークライト様から発売中の「ライジング・サン」なのですーっ!

……映画じゃないよ?(まて)

プレイヤーは、舞台である戦国時代の中、移り変わりゆく季節の間に戦略を練り、徳を高め、数多の妖を使役して日本統一を目指していくのですよ!(๑•̀ㅂ•́)و✧

……とまあ、ここまで書くと、本格戦国シミュレーションゲームに式神的な要素を加えたのかしらと思いますけど、そこにさらに外国人の妄想するエキゾチックジャパンな雰囲気まで投入されているから、何かがおかしい……!

そんなちょい似非っぽい雰囲気に加えて、やたらとかっこいいフィギュアまでついてと、どこまでパワー全力で作ったんだと思いますねー……(´Д`*)

クトゥルフウォーズといい、メディカルキットに入ったパンデミックといい、それに本作と……コレクション魂をくすぐるのがどしどし出てきますねー……。

とはいえ、ただのコレクターズアイテムでは終わらない!
ゲームのほうも結構がっつり系なので、ご興味が湧いてきた方は、ぜひぜひレビューにアクセスアクセスなのですー٩(>ω<)و

毎週木曜日はキウイの日ーっ!๛ก(ー̀ωー́ก)
ってなわけで今回ご紹介するのはアークライト様より発売中の「ザ・マインド」なのですー!

プレイヤーはライフポイントを全て失う前に、全員で協力して各レベルを撃破していくという協力ゲームなのですが、ルール上で会話を封じられている為、フィーリングで他人のやろうとしていることを読み取らなければならないという直感性! キュピーン!! (☆Д☆)

手番という概念がなく、ゲームスタートと同時に好きなタイミングで自分のカードを1枚出すだけで、見事に事故りまくって協調性とは? と思う一方で、プレイを重ねるごとに段々と……相手の思っていることが分かってくる!?:(´◦ω◦`):

ゲーム自体はシンプルなんですけど、妙な神秘体験みたいな瞬間もあったりと本当不思議なゲームでした。

ご興味のある方は、ぜひぜひ一度遊んでみてくださいねー。


毎週木曜日はキウイの日ーっ₍₍(ง˘ω˘)ว⁾⁾ 
ってなわけで、今回ご紹介するのはアークライト様より発売中の「リーフ」なのですーっ!

パッケージからして分かる通り、今回の舞台は海! しかも海の中!

プレイヤーは南国の美しい海の中で、色とりどりのサンゴ礁を作ってポイントを稼いでいこうというゲームなのですよ。

こう書くと育成ゲームかなっと思われますけど、本作はどっちかというとパズル要素が主体。
プレイヤーは勝利点の獲得条件を満たす為に、自分の陣地にサンゴをニョキニョキ生やしていくというゲーム内容(๑•̀ㅂ•́)و✧

遊んでみた感じとしてはシンプルですけど、パズルゲームらしいジレンマとあれこれと未来を見据えて色々準備していくのが楽しかったですねー。
デザイナー様であるエマーソン・マツウチ様は、あの「センチュリー」シリーズも手掛けている方だそうで……なるほど、通りで面白いはずなのですよ

ご興味のある方は、レビューにもアクセスアクセスなのですーっ٩(>ω<)و

↑このページのトップヘ