タグ:アークライト


毎週木曜日はキウイの日―っ( ゚∀゚)o彡゜
ってなわけで、今回ご紹介するのはアークライト様より発売中の「ロールプレイヤー」なのですーっ!

プレイヤーは、これからすっごい大冒険に旅立つであろうキャラクターを作成するのです! そう、キャラクターを作るだけ!

パッケージに屈強な戦士や頼もしそうな仲間が描かれていますが、このゲームに冒険やクエスト要素はなくて、その前、今まさに冒険へと旅立とうとしているキャラクターを作っていく事だけに主眼が置かれたゲームなのですよ!

それだけ聞いているとゲームとして成立するのかって思うカもしれませんけど、これが以外と面白い!

ってなわけで、ご興味のある方は、レビューにアクセスアクセスなのですーっ( ゚∀゚)o彡゜

 

ボードゲームレビュー第217回「ロールプレイヤー」

6月に紹介されたボードゲーム


毎週木曜日はキウイの日っ!( ゚∀゚)o彡゜
まあ、いつものペースで私の方はいつもののんびりとしたペースで更新しておりますが(苦笑)

ってなわけで今回ご紹介するのはアークライト様より発売中の「フィールド・オブ・グリーン」なのですーっ ゚+。:.゚(*゚Д゚*)゚.:。+゚

 プレイヤーは都会の生活が嫌になり、国家プロジェクトに参加して農家を目指すという……なんか本当にありそうなストーリー設定ですね( ゚言゚)

まあ、私も仕事が忙しい時とか「畑仕事とかしてみたいなー」なんて思う事ありますが……本作では農家舐めんな!! というばかりの農家の現実が待っているのですよ(まてこら)

プレイヤーは畑や家畜を育成してお金を得ていくワケですが、当然畑を育てるには水が必要になりますし、家畜を育てるには食料が、そして何よりも施設を維持するには費用もかかる!

最初こそ小規模ですが、規模が大きくなればなるほど、貯水ポンプの供給が足りなくるわ、動物は大量に食料を貪るは、資金が足りなかったら施設は荒れ放題になって使用不可になると……や、やべぇ! 全然のんびりしてらんねぇぇぇ――っ!?( ̄Д ̄;;

という風に、コストを計算しつつ施設を慌ただしく拡大してどんどんと勝利ポイントを稼いでいくというゲームなのですよ。

自分の施設がどんどん物理的に拡大していく所や、いかに効率よく給水や食料を与えていくか、そして施設を維持していくのかなど、かなりやり込み感がある割に、軽く遊べる感じなので個人的にかなりお気に入りに入る部類ですね٩(>ω<)و

ご興味のある方は、ぜひぜひレビューにもアクセスアクセスなのですーっ!m9(`・ω・´)っ


毎週木曜日はキウイの日ーっ( ゚∀゚)o彡゜
昨日は先週、そして本日は今週紹介されたボードゲームを紹介しちゃう二日連続状態なのですよ!

ってなわけで、今週紹介されたのアークライト様から発売中の「モンスターメーカー」なのですーっ!

「モンスターメーカー」といえば、遡る事30年前、1988年に翔企画様から発売されたカードゲームで、その後アナログゲームだけに留まらず漫画や小説、さらにはデジタル媒体であるファミコンやゲームボーイになったりとものすごくメディア展開されたゲームだったので、私も名前だけは知っていたのですよ!

そんなヒット作が、リメイクされて帰ってきたー ゚+。:.゚(*゚Д゚*)゚.:。+゚
……といっても、関連作品をプレイしたことないので、比較は出来ないんですけど。なんでも時間短縮で濃密に遊べるようになったんだとか。

プレイヤーは冒険者となって、モンスターが闊歩するダンジョンの奥深くに眠る財宝をゲットして、誰よりも早く帰還して名声を得るという内容なのですが……みんながみんな狙っているから、あっちこっちで恐ろしい足の引っ張り合いが炸裂しまくるしまくる(汗)

ルールはシンプルですけど、みんなの人間性が試される素敵なゲームなのですよ(まてこら)

ご興味のある方は、レビューにアクセスアクセスなのですーっm9(`・ω・´)っ

ボードゲームレビュー第205回「モンスターメーカー」



毎週木曜日はキウイの日ーっ₍₍(ง˘ω˘)ว⁾⁾ 
とはいえ、今回ご紹介する分は先週の掲載なんですがががががが.……気にしない!(まてこら) 

今回ご紹介するのは、アークライト様より発売中の「サイズ-大鎌戦役-」なのですーっ!
発売自体は去年なんですけど、前評判がよくてすぐに売り切れ続出とかいう状態だったんですよね。なんでも拡張版の発売も決まってるみたいですし、結構気合い入っている本作なのですよ。

ゲームは、「メック」と呼ばれる二足歩行のロボットが活躍している第一次世界大戦辺りのヨーロッパっぽい世界を舞台に各国のプレイヤーが様々な戦略で勝利点を稼ぐというシミュレーションゲームとなっているのですよ。

あとこのゲームで注目するところは、この世界で登場するメカメカの「メック」がフィギュアとして付属されていると点ですね ゚+。:.゚(*゚Д゚*)゚.:。+゚
しかも、各国それぞれ違うデザインですし、パッケージにあるような各国のメックたちがマップ上をとことこ歩いているところなんて観ているだけで格好良いし、ワクワクが止まらないのですよ₍₍(ง˘ω˘)ว⁾⁾ 

なんか去年は「クトゥルフ・ウォーズ」といい、凝ったフィギュア付きのゲームが目立つ年だった気がしますねー(=ω=)

ってなわけで、今回ご紹介した「サイズ-大鎌戦役-」にご興味が沸いた方は、レビューにもぜひぜひアクセスアクセスなのですーっ!m9(`・ω・´)っ 

ボードゲームレビュー第204回「サイズ-大鎌戦役-

2月に紹介されたボードゲーム

ボードゲームレビュー第192回「ワイナリーの四季」

毎週木曜日はキウイの日ーっ♪ なんて言いながらも、先週の記事なんですががががが。
まあ細かい事は置いておきつつ、そういえばそろそろボージョレーヌーヴォーの解禁日ですねーっ ゚+。:.゚(*゚Д゚*)゚.:。+゚

私はあんまり銘柄にこだわってワインを飲んだりはしないのですけど、こだわりのある人にはきっとワクテカが止まらない状態なんでしょうねー……(´Д`*)

そんなわけで! ワイン造りに挑戦だ!!( ゚∀゚)o彡゜
今回ご紹介するのは、アークライト様から発売中の「ワイナリーの四季」なのですーっ!

両親から引き継いだワイナリーを元手に、従業員と一緒に様々な葡萄を植えてワインを作っていこうというワーカープレイスメント系のゲームなのですよ☆

個人的にツボだったのは、ゲームの最初に自分の両親を決めるところですね(笑)
両親のカードがパパ18枚、ママ18枚の計36枚もあるので、組み合わせだけでもかなりの数ですよ!?
なので「この二人、どういう経緯で結婚したんだろう?」と想像してしまう組み合わせが生まれたりと、ゲームを始める前から盛り上がる盛り上がる(´Д`*)

そして、肝心のゲームですが、こちらもシンプルながらも、色々とできることが多くて自由度が高いなーっという印象ですね。

正統派みたく真面目にワイン職人になるもよし、観光客を呼び集めるもよし、各々が勝手気ままに経営生活を送っていたのですよ( b*• ̀ω•́ )b

私個人としては、最近やったゲームではかなり好きな部類かも?
やっぱり、両親を決めるという最近なかったシステムがかなりツボに入ったのですよ

ご興味のある方は、ぜひぜひレビューにもアクセスアクセスなのですっ(๑•̀ㅂ•́)و✧

ボードゲームレビュー第192回「ワイナリーの四季」

10月に紹介されたボードゲーム
 

↑このページのトップヘ