タグ:アークライト


毎週木曜日はキウイの日ーっ!٩( 'ω' )و

ってなわけで、今回ご紹介するのはアークライト様より発売中の「宝島」なのですーっ!!
プレイヤーが扮するシルバー船長の隠した宝を掘り出す為、海賊プレイヤーは島のあちこちを走り周り、穴を掘りまくっていこうというゲームなのですよ(๑•̀ㅂ•́)و✧

……とだけ書くと、難しそうな感じがしますけど、実際にやることはお絵かきゲームなのですよヽ(=´▽`=)ノ
ゲームボードに水性マーカーで移動先や、探索範囲を書き込んだりと、ゲームの進行と共にゲームボード上に情報が溢れていく様子はまさに宝探し! これぞアナログゲームの醍醐味ともいうべき仕様なのですよ。

原作である「宝島」は読んだ事ないのですけど、普通に楽しめるのもいいですねー。
もちろん、原作を知っている方が雰囲気を出せるかもしれないですけど、そんなのヌキにして、でっかいコンパスや定規を使って線を引いているだけで、ワクワク感が止まらないのですよ!!

ってなわけで、ご興味のある方はレビューにアクセスアクセスなのですーっ!!

ボードゲームレビュー第276回「ブラックアウト香港」

毎週木曜日はキウイの日ーっ!!(๑•̀ㅂ•́)و✧

ってなわけで、今年もいよいよ残り僅か! そんな中で今回ご紹介するのは、アークライト様より発売中の「」なのですーっ!

突如謎の大停電に見舞われた香港。各プレイヤーは限られた資源でやりくりしつつ、香港の各地域の復旧と任務達成を目指していこうというゲームなのですよ。
ゲームのあらすじや雰囲気からして、協力ゲームかと思いきや対戦タイプで、各陣営がそれぞれ復旧に奔走しているという感じですね(¯﹃¯*)

プレイ時間が75~150分と最初からヘビー宣言している本作ですが、本当にがっつりと重たい感じのゲームでしたね。いや、たまにはこういうのもいいと思うのですよ。ただし、終わったあとの体力のう消耗感が半端ないですががががが……_(:3」∠)_

以前レビューで紹介した「ナビゲーター」と同じ、ロンデルシステムを使いつつ、同時にどこかドミニオンっぽい感じもあったりと、いいところを上手い具合に合体させた感じですね。

ご興味のある方は、ぜひぜひ一度遊んでみてくださいませなのですーっ∩(・ω・)∩

毎週木曜日はキウイの日ーっ!
ってなわけで、今回ご紹介するのはアークライト様より発売中の「ディスカバー:未知なる大地へ」なのですー!٩(>ω<)و

プレイヤーはこっちを殺す気満々な動物や罠などとかいくぐると同時に、島に隠された謎を解いていこうというシナリオクリア型のボードゲームなのですよ!

このゲームの面白い点はもちろん、ランダム性! なんと箱によって使用できるシナリオ、キャラクター、アイテム、敵、地形まで違うんだとか! ゚+。:.゚(*゚Д゚*)゚.:。+゚

それだけに、プレイした人によってあれこれと細かい点が違ったり、「なにそれ!?」という新発見や驚きまで与えてくれるという今まで取り扱ってきたボードゲームの中でもかなり意欲作だと思いますねー。

危険な島の中を協力し合うもよし、または出し抜くもよし、果たしてそれが正しいのか? 島に隠された秘密とは!?
始めると続きが気になってしまう本作、果たしてその遊び方とは……!?

気になった人は、レビューにアクセスアクセスなのですーっ!(๑•̀ㅂ•́)و✧

ってなわけで、今回ご紹介するのはアークライト様より発売中の「ザ・ゲーム:フェイス・トゥ・フェイス」なのですーっ!

前作は四人で協力し合うザ・ゲームでしたが、今回はガラッと二人用対戦ゲームとして帰ってきたのですよ!(๑•̀ㅂ•́)و✧
……とはいっても、基本的なルールは「ザ・ゲーム」なので、前作をプレイした人はすぐに遊べると思いますねー。

今回加わった新要素によって、自分の行動が相手に、相手の行動が自分に有利に働いて……!?
その為、ワンアクション毎に相手の顔色を伺いながら、もしくは相手の顔を見ながらまさに「フェイス・トゥ・フェイス」な攻防戦を繰り広げていくのですよ!

ご興味のある方は、レビューにアクセスアクセスなのですーっ!( b*• ̀ω•́ )b


毎週木曜日はキウイの日ーっ! ゚+。:.゚(*゚Д゚*)゚.:。+゚ 
今回ご紹介するのは、アークライト様から発売中の「ライジング・サン」なのですーっ!

……映画じゃないよ?(まて)

プレイヤーは、舞台である戦国時代の中、移り変わりゆく季節の間に戦略を練り、徳を高め、数多の妖を使役して日本統一を目指していくのですよ!(๑•̀ㅂ•́)و✧

……とまあ、ここまで書くと、本格戦国シミュレーションゲームに式神的な要素を加えたのかしらと思いますけど、そこにさらに外国人の妄想するエキゾチックジャパンな雰囲気まで投入されているから、何かがおかしい……!

そんなちょい似非っぽい雰囲気に加えて、やたらとかっこいいフィギュアまでついてと、どこまでパワー全力で作ったんだと思いますねー……(´Д`*)

クトゥルフウォーズといい、メディカルキットに入ったパンデミックといい、それに本作と……コレクション魂をくすぐるのがどしどし出てきますねー……。

とはいえ、ただのコレクターズアイテムでは終わらない!
ゲームのほうも結構がっつり系なので、ご興味が湧いてきた方は、ぜひぜひレビューにアクセスアクセスなのですー٩(>ω<)و

↑このページのトップヘ