タグ:ゲーム

20160409a
……ってなワケで、三家原です|・ω・)ノシ 
 
念願のSwitch版シヴィライゼーションを購入ーっ!٩(๑òωó๑)۶

いやー、去年からずっと欲しい欲しいとは思っていたんですけど、パッケージ版にするか、それともダウンロード版にするかで悩んでいたんですよねー。
でも、どうせやり始めたらずーっとやっているだろうし、ソフトの抜き差しとか読み込み速度とかを考えた結果、ダウンロード版に軍配が上がったのですよ(๑•̀ㅂ•́)و✧

とはいえ、コンシューマーでプレイするシヴィライゼーションはアスミックさんがリリースしていたPS1以来のプレイなので、いざプレイしてみると勝手が違いすぎて全然分からない……やべえ、ここまで変わっていたのですか……(((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

PS1の頃は結構シンプルでサクサクーっと進むゲームだった印象がありますけど、最新版だと領地の概念とか資源も細かくて……特に、労働者と開拓者が区別されているとか……ぐぬぬぬ、やばい、覚えることとやることが多すぎる.+゜*。:゜+(人*´∀`)+゜:。*゜+ 

とりあえず、これはこれで面白いので、移動中とかちょっとした時間を使ってチマチマと進めていくのですよ(๑•̀ㅂ•́)و✧

20160409a

……ってなワケで、三家原です|・ω・)ノシ  

今日は任天堂Switchでちょっと面白そうなゲームを発見したのですよ(*´∀`*)

 

プレイヤーはマドリカ不動産の新人社員となって、幽霊の出る不動産に飛び込んで、謎を説いて最終的に幽霊をパッカーンしていくという謎解きアドベンチャーなのですよ(๑•̀ㅂ•́)و✧

結構アドベンチャーゲームは好きなんですけど、こういう謎解きとか脱出系ってプレイしてなかったんですよねー。お値段もお手頃ですし、ステージもそんなにないからラクラク攻略ー……なんて思えたのも最初のチュートリアルまででした(。ŏ﹏ŏ)

いやー、難しい! えっ!? これどうやって解くの!?
もちろん、最終的には解けるんですけど、それでもやっぱり難しいー! でもその分、解けた瞬間がとっても楽しいのですー!

しかも、間取図はプリントアウトできて、実際に書き込んだりいろいろな視点から見ることも可能なので、まさにデジタルとアナログの融合みたいなゲームになってますねー。

こんな変わったソフトを開発したのはどこの会社はだろうと思ったら、聴覚だけを頼りに壺の中身を「アラビアの壺」やボードゲームとVRを組み合わせた「モニャイの仮面」などをリリースしていたギフトテンインダストリ様だったのですねー。

事前情報なしで購入したゲームが、実は知ってるメーカーさんだったってちょっと面白いですよねー。
個人的には結構面白いと思うので、ご興味のある方は、是非是非一度遊んでみてくださいねーっ( ゚∀゚)o彡°

20160409a

……ってなワケで、三家原です|・ω・)ノシ  
日に日に気になるゲームが増える一方な今日この頃、またPS4で新たに気になるゲームが増えてしまったのですよ(。>﹏<。)


ってなわけで、今回増えてしまったのは、幸福は国民の義務! だから、常時お薬でハイになっちゃおう! そして、お薬を飲まない異分子は排除してしまえという素敵で素敵なディストピアから脱出しようという「We Happy Few」なのですよ!

60年代のヒッピーでハッピーなイギリスを舞台に、3人のキャラクターから一人を選んで脱出するという流れなんですけど、興味深いのは毎回マップがランダムで生成されるという点ですね。
こういう脱出ゲームって手順が分かってくると単純な作業みたいになってしまいますけど、マップがランダムになることによって毎回新鮮な気持ちでプレイできるという仕様なのが素敵すぎる(*´ω`*)

とはいえ、ちょっとグロ表現なんかもあるみたいなので、そういうのが苦手な人にはちょーっとオススメ出来ないのですけど(っ・ω・)っ 
はぁ、それにしてもまたPS4かー……え、Xboxだっていいマシンなのに……!!

20160409a

……ってなワケで、三家原です|・ω・)ノシ  

お仕事中だとコンビニとかテーマパークみたいに最初のうちは手がかかるけど、途中からかなり放置系になるゲームがやりたくなるんですけど、最近「これだ!」って感じのやつがないんですよねー……。
ってなわけで、ちょっと棚を片付けていたら、PS1の「THE・TOWER」が出てきたのでさっそく起動! ああ、懐かしい、このちょっと古い感じのドット画面!


最初のオフィスを階段だけどを設置して、延々と資金を貯めるこずるい方法で軍資金をためたら、一気に建ててまた放置して……ううむ、何も成長性のない攻略法(まてこら)

でも、当時から思ってましたけど、このバージョンだとTOWERの外観にTVモニターを設置して広告費を稼げるって手段がすごいですよねー。
架空のCMならともかく、当時の実際にあったCM流すんだもんなー……他のゲームでは絶対にお目にかかれない仕様なんじゃないかと。

いやー、やっぱり面白いのですよー。ただ、軍資金をチートみたく集めている間はいいですけど、いざ建築を始めると時間泥棒になってしまうので、プラス・マイナスで見たらマイナスなんじゃないかと思ったり……_:(´ཀ`」 ∠):_

20160409a

……ってなワケで、三家原です|・ω・)ノシ  

Twitterで最近、自分を形成した4選みたいなのが流行ってますねーっ゚+。:.゚(*゚Д゚*)゚.:。+゚
これまでいろいろな作品に触れてきましたけど、そういえば自分にとっての4選ってなんなんだろうなーっと考えた結果、試しに並べてみたのですよ!

今回はゲームをチョイスしてみたのですよ! なんだかんだでゲームのシナリオライターとして細々やらせていただいてますしねー。
で、ここで振り返ってみると、やっぱりこれかなーっと思うんですよね。

#自分を作り上げたゲーム4選

「RPGツクール スーパーダンテ」
まず外せない一作! 多分、このゲームと出会わなかったら、まずゲームを作るっていう発想はなかっただろうと思うくらいの心の一本なのですよ!
SFCでキーボードもないので、文章入力とか今とは比べ物にならないくらい面倒な仕様でしたけど、それでも頑張って作ったゲームがちゃんと動いたのを見た時は感動しましたねー……まあ、ちゃんと大長編ゲームを完成させたのは、後の3あたりになるんですけど。
発売されていた攻略本で、プロットの作り方とかいろいろと勉強させてもらったのですよー……今でもあの辺の資料って十分使えるんじゃないだろうか。ちょっと今度見直してみよう( ゚∀゚)o彡゜

「摩訶摩訶」
生まれて初めて自力で攻略したのがこの作品! 当時、フェーダとどっちを購入するか迷いに迷ってチョイスしたんですけど、親から「お前は最後までやり通す根性がないからこれをクリアするまで新しいゲーム購入するのは禁止な」と言われて、必ずクリアしなければならない状況に追い込まれてしまったのですよ((((;゚Д゚))))
当時はインターネットもないし、本作を購入する友達も皆無だし、バグがひどいとか攻略できないとか知らずに、必死にクリア目指して頑張ってましたねー……ネットで情報を集めれば集めるほど、よくそのバグに引っかからずにクリアできたなーっと思いますね(汗)

「真・女神転生Ⅱ」
女神転生シリーズにどっぷりとハマる原因となった一作。それまでRPGといえばドラゴンクエストとファイナルファンタジーだと思っていたところに、ドキュンと胸を貫かれたのですよ。
なんだかんだで、自分のRPG観が変わった一作だと思いますねー……といいつつも、実はメタルマックスとどっちかなーっと悩んだ一作でもあったり。

「夜想曲」
私のゲーム史的にはかなり後期の一品。というか、一時ゲーム離れを起こしていて復帰し始めた頃くらいにハマった一本ですねー。
当時ちょうど赤川次郎先生にどっぷりとハマっていて、その人の作品がゲームになった! ということで慌てて購入したのですよ。サウンドノベルというと「かまいたちの夜」「ほんとうにあった学校の怪談」のどっちかをチョイスしたかったですけど、一度離れてしまったゲームに再びカムバックさせてくれた一本と考えるとやっぱりこの「夜想曲」だと思いますね(=ω=)

正直、4本で絞るのってどうよと思う内容ですけど、無理くりチョイスするとこんな感じですねー。
でもどうせなら、仕事のバージョンも作ってみたいなーっと思いますね。なんだかんだでシナリオを担当させてもらったゲームでも人生の分岐点になった作品とかもあったりしますし。

まあ、このネタかなり幅がありそうなので、また新しいのを見つけたら書き出してみたいなーっと思ったり゚+。:.゚(*゚Д゚*)゚.:。+゚

↑このページのトップヘ