タグ:ダイス

ってなわけで、今回ご紹介するのはホビージャパン様から発売中の「ダイスエイジ:ザ・ハント」なのですーっ!

原始時代の長となって、仲間を派遣して狩りを行っていこうというゲームなのですよ(๑•̀ㅂ•́)و✧
仲間であるダイスを振って、出た目がそのまま派遣先となるという「ベガス」に似たシステムを採用しているのですが、トドメを刺したり、トップとの競り合いに失敗しても逆転チャンスがあったりするのですよ゚+。:.゚(*゚Д゚*)゚.:。+゚

ご興味のある方はレビューにアクセスアクセスなのですーっ!

pic3355171_md
ボードゲームレビュー第193回「キャプテンリノ スーパーバトル」


……ってなワケで、三家原です|・ω・)ノシ 

毎週木曜日はキウイの日ーっ!( ゚∀゚)o彡゜
ってなわけで、ちょっと遅れましたが、10月最後のご紹介!
すごろくや様より発売中の「キャプテン・リノ:スーパーバトル」なのですーっ!

「キャプテン・リノ」といえば、置かれたカードの通りにカードを積み上げていくシンプルなパーティーゲームですが、それがパワーアップして帰ってきたのですよ!
なんと今回はヒーローが4人参戦! キャプテンリノを筆頭に、どこかで観たことのあるヒーロー達がちらほら(笑)

そしてさらにお邪魔要素としてサルがいたり、ヒーロー同士のバトルだったりと、それまでの「キャプテンリノ」とは違ったシステム満載で、さらに白熱のバトルになること間違いなしなのですよ!
ってなわけで、ご興味のある方は、レビューにアクセスアクセスなのですーっ!(๑•̀ㅂ•́)و✧

ボードゲームレビュー第170回「ロイヤルターフ」

毎週木曜日はキウイの日ーっっ٩(>ω<)و

ってなわけで、4月! 新年度も何事もなく無事にスタートしましたねー。
そんな爽やかな新年度の最初に今回ご紹介するのは、cosaic様の「ロイヤルターフ」なのですーっ!

そう、パッケージから見ても分かる通りの競馬ゲームです!
プレイヤーは勝てると思う馬に賭けて、ダイスを振って馬を進めていくというシンプルなゲームなんですけど、コミカルで可愛い見た目とは裏腹に本当の競馬並みに大波乱しまくりなのですよ(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル)

馬単体の能力差もあることながら、やはりダイスという存在が大きいですね。
能力が高い低いに関わらず、ここぞというところでショボかったり、思わぬところで逆転勝利したりとまさにリアル競馬状態(・∀・)

個人的には、競馬実況の人を加えて遊びたい一品ですね(笑)
ご興味のある方はレビューにアクセスアクセスなのですよーっ٩(>ω<)و

ボードゲームレビュー第138回「イエティ」

毎週木曜日はキウイの日٩(・ω・)و

熱い夏をぶっ飛ばせ! 八月最初にご紹介するのは、今一番行きたい素敵ランド!
雪山でイエティ探しをしまくるアドベンチャーゲーム(๑•̀ㅂ•́)و✧

アークライト様から発売中の「イエティ」なのですーっ♪
プレイヤーは腕利きカメラマンとなって、イエティの潜むヒマラヤ山脈へ登山しにいくのですが、何が起こるかはダイス目次第なので、事故が多発する多発する……(;゙゚'ω゚'):

でもルールもシンプルなので、いかにもボードゲームボードゲームした作品という感じでしたねー。 
ご興味のある方は、ぜひぜひレビューにアクセスアクセスなのですよーっ٩(・ω・)و

ボードゲームレビュー第138回「イエティ」

8月に紹介されたボードゲーム
 

_SL160_
ボードゲームレビュー第132回「山頂をめざせ」

毎週木曜日はキウイの日٩(・ω・)و
まあ、木曜であろうとなかろうと、キウイの日はキウイの日なんですけど(`・ω・´)ドヤッ

ってなわけで、ちょーっと宣伝が遅くなってしまいましたが、先週のレビューのご紹介など少々。

今回はAmigo様&メビウスゲームズ様(日本語翻訳)でお送りする、「山頂をめざせ」なのですーっ♪

主人公であるヤギさんを、2回頂上に上げたら勝利というシンプルなボードタイプのダイスゲームなんですが、ダイス目の絶妙なバランスと、追突……じゃなかった、押し上げシステムが結構曲者なのですよ(=ω=)

自分のヤギ同士なら、ただ上に押し上げてくれるんですけど、押し上げる相手が他のプレイヤーだった場合、川
に突き落としてくれるという素敵っぷり(笑)

しかも、流された先にまた別のヤギがいたら、玉突き事故のように次々と巻き込まれるので、移動する時はその後の展開も予想して上がっていかなきゃならないのに、ダイス目だから完全に予測出来ないのですよ(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

デザイナー様は、過去に何度かレビューさせて頂いている、フリードマン・フリーゼ様。
前回は気づかなかったんですけど、この方のゲーム制作の幅の広さには驚かされましたねー。
本人曰く、緑が大好きで、自分の関わった作品には必ず緑と、自分の名前の頭文字である「F」を入れるという徹こだわりの方なので、それを目印にしてたら、気づかずにスルーしてた作品がチラホラ……今度、暇を見つけたら遊んでいみるのですよ _(:3」∠)_ 
 
それにしても、こうやって改めて作品のラインナップを観てみると、大小様々という印象ですね。
「山頂にのぼれ」は、箱こそ大判ですけど、ゲームシステム的もシンプルで、ルール把握もすぐに出来るから、初めてボードゲームに触れる人でも、安心して出来るんじゃないかなーっと思ったり(๑•̀ㅂ•́)و✧ 
 
 ご興味のある方は、ぜひぜひレビューにアクセスアクセスなのですよーっ! m9(`・ω・´)っ

ボードゲームレビュー第132回「山頂をめざせ」
 

6月に紹介されたボードゲーム
 
 
ice_cultbox
アイスカルト


↑このページのトップヘ