タグ:ボードゲーム

61llxz0m6QL._SX466_
ボードゲームレビュー第266回「トランスアメリカ&ジャパン」

毎週木曜日はキウイの日ーっヽ(=´▽`=)ノ
ってなわけで、今週紹介となったのは、グループSNE様より発売中の「トランスアメリカ&ジャパン」なのですーっ!

手元にやってきた5つの目的地が線路で一本に繋がるように、線路を設置しつつ、他人のレールにも便乗しつつというシンプルな割に結構駆け引きありな一本なのですよ( ゚∀゚)o彡°

かなり古いゲームのリメイクと聞いて、最初はルールとかややこしかったらどうしようと心配してたんですけど、かなりルールがシンプルで覚えやすく、面白い鉄道ゲームでしたねーっ。

ご興味のある方は、レビューにアクセスアクセスなのですーっ(๑•̀ㅂ•́)و✧


毎週木曜日はキウイの日ーっ!ヽ(=´▽`=)ノ
ってなわけで今回ご紹介するのは、テンデイズゲームズ様より発売中の「レス・アルカナ」なのですーっ!!

プレイヤーは複数いる魔術師の一人となって、様々な資源を集めて強力なモンスターや装備品で自分の強化や相手の力を削ぎつつ、強力な力を持ち勝利点ともなるモニュメントを取っていこうという対戦要素の強いカードゲームなのですよ!(๑•̀ㅂ•́)و✧

「マジック・ザ・ギャザリング」やそういう系統がお好きな方にはするっと入ってくる感じですかね?

基本的に一手番に5アクションの中から一つを選んで実行していくだけとシンプルながらも、最初に選んだ魔術師の個別能力の違いや、出てくるモンスターや装備品によってかなり展開が変わってくる作品なのですよ。

デザイナー様は「パンデミック」や「王への請願」などを手掛けたトム・レーマン様!
今回は遊んでから知ったんですけど、すんごいベテランさんの作ったゲームだったのですね……!

プレイしてみた感想としては、サクサクと終わるかと思いきやかなり戦略を練ったりとがっつり遊べる感じの仕様になっていて、次はあの魔術師使おうとかあのモンスターを出したいなど繰り返して遊びたくなってしまう一品だったのですよ( ゚∀゚)o彡°

ご興味のある方は、ぜひぜひレビューにアクセスアクセスなのですーっ!!


毎週木曜日はキウイの日ーっ!
ってなわけで、今回ご紹介するのはグループSNE様&cosaic様より発売中の「ゲスクラブ」なのですーっ!!

げす【下種・下衆・下司】
1.《名》身分が非常に低い者。 「―の知恵は後から」(下賤(げせん)の者は、事が終わってからようやく名案が出るということ)
2.《名ノナ》心がいやしいこと。そういう人。「―の勘繰り」

ではなくて!๛ก(ー̀ωー́ก)

guess【ゲス】
主な意味
1.(当て推量で)(…を)言い当てる、解き当てる。
2.(十分知らないで、また十分考えないで)推測する、(…を)推測する、推測する、見当つける、言い当てる、(…を)(…に)推測する、思う

という意味だなそうな(๑•̀ㅂ•́)و✧
てっきり、ヤクザ対ヤクザがクラブで血みどろの抗争でもやるゲームなのかしらんと思ったんですけど、まったく違っていました(笑)

各プレイヤーが与えられたテーマから連想したことを6枚書き出し、他のプレイヤーも同じことを考えていたら賞金ゲット! そうして、一番賞金をゲットできた人が優勝となるのです。

ルールはシンプルですけど、回答者の知識や経験がかなり出てくるゲームだなーっと思いましたねー。それだけに相手の意外な一面を知っちゃったり、ワクテカする展開があったりと、パーティーゲームって感じで面白かったのです! ゚+。:.゚(*゚Д゚*)゚.:。+゚

ご興味のある方は、ぜひぜひレビューにアクセスアクセスなのですーっ!

毎週木曜日はキウイの日ーっ ゚+。:.゚(*゚Д゚*)゚.:。+゚
ってなわけで、今回ご紹介するのはAMIGO様(翻訳:メビウス様)から発売中の「失われた鉱山-お邪魔者ボードゲーム-」のなのですー!

お邪魔者といえば私がボードゲームに触れ始めた頃からずーっとある小箱のゲームってイメージだったんですけどなんと今年で15周年なんだとか(๑•̀ㅂ•́)و✧
そんなロングセラーな「お邪魔者」は、カードだけで構成されていたのに対し、本作ではゲームボードやチップなどが加わって、ちょっと豪華になりました!

それまでは、宝石求めて鉱山の中をゴーゴゴーするのに対して、本作では鉱山を求めてゴーゴゴーとちょっと変わっているのですよ٩(>ω<)و

元になっている「お邪魔者」をプレイしたことないので、どんな差があるのかわかりませんけど、協力しあうはずだった陣営側の人間が実はお邪魔者だったり、露骨にこちらに塩を送ってくる敵陣営のやつがいると思ったら、本当は別のやつがお邪魔者だったりと「こいつは一体何者だー!?」みたいな展開が面白かったですねー。

一応3人から遊べるそうですけど、これはマックスである9人で遊んだほうが、断然盛り上がるゲームだと思いますねー。ルール自体はシンプルので、経験の少ない人でもまだ気軽に遊べるんじゃないかなーっと思ったり。

ご興味のある方は、一度レビューにアクセスアクセスなのですーっ!

毎週木曜日はキウイの日₍₍(ง˘ω˘)ว⁾⁾ 
エキゾチック・ジッパァァァン! ってなわけで、ミーたち富士さんの調査にいくざんすー♪

ってなわけで、今回ご紹介するのはホビージャパン「富士-脱出-」なのですーっ!

……脱出。そう、各プレイヤーは富士の調査に向かったのですが、運悪く噴火してしまった為に、脱出を余儀なくされたところからスタートとなるのですよ(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

容赦なく流れ込んでくる溶岩! 互いに協力しあい、そして脱出に役立つアイテムを集めたり、うっかり蹴落としかけたり(まて)
果たして迫りくる溶岩に、プレイヤーたちの運命はどうなってしまうのか!? というドキドキディザスターボードゲームなのですよ(๑•̀ㅂ•́)و✧

デザイナーはデザイナーは「ザ・マインド」や「クアックサルバー」のヴォルフガング・ヴァルシュ様!
結構幅広く作ってらっしゃいますねー……!!

ってなわけで、ご興味のある方は、レビューにアクセスアクセスなのですーっ!

↑このページのトップヘ