タグ:三家原優人


毎週木曜日はキウイの日ーっ!(๑•̀ㅂ•́)و✧
ってなわけで、今週もやってまいりましたよレビュー紹介! 今回ご紹介するのはアークライト様より発売中の「クアックサルバー」なのですーっ!

バザール中にいっぱいお薬を爆発……じゃなくて、作ってお金を稼いで具材を揃えて袋の中に突っ込んで、またまた儲けてを繰り返していこうというタイプのゲームなのですよ。
購入した具材によっていろいろとコンボを決めれるのですけど、毎回袋の中からランダムに取り出すものですから、予想外の展開になりまくるなりまくる((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

容量を超えて具材を投入したら鍋が吹っ飛んでしまうので、どのタイミングで投入をやめるのかなど度胸だめしな部分もあったりとルールはシンプルなんですけど、ドキドキハラハラが止まらない一本なのですよ!

ご興味のある方は、ぜひぜひレビューにアクセスアクセスなのですーっ!(*'ω'*)

20160409a

……ってなワケで、三家原です|・ω・)ノシ  
普段あんまり意識してなかったのですが、今日でシナリオライターデビュー満9周年となりましたーっヽ(=´▽`=)ノ

「萌え萌え2次対戦(略)Chu」から始まったシナリオ道ですが、山あり谷あり地割れありで、本当落ち着かない日が多いですけど、おかげさまで9年ですかー……いやー、まさかここまで続けられるとは思わなかった(まてこら)

思えば遠くに来たもんだ。来年はついに2桁突入ですね!(๑•̀ㅂ•́)و✧
業界自体が結構水物なので、今後も今みたく続くかどうかは分かりませんが、とりあえず元気にやっていこう!


 ボードゲームレビュー第201回「光合成」

毎週木曜日はキウイの日ーっ(๑•̀ㅂ•́)و✧
ってなわけで、12月の最後であり、2017年の最後でもあるボードゲームレビューの担当は、私がやっちゃうのですよ!

今回ご紹介するのは、ブルーオレンジゲームズ様より発売中の「光合成」なのですーっ!
プレイヤーは木となって、周囲をぐるぐると回る太陽を浴びながら光合成して、にょきにょき成長させていくのですよ₍₍(ง˘ω˘)ว⁾⁾

……と書くと、なんかパーティー感覚の陣地取りなゲームなのかなー? とか思ったんですが、太陽を浴びた木が発生させる影に入ってしまうと光合成ができず行動ポイントが稼げないので、常に太陽の方向と影の伸びる大きさを計算しながら木を植えたり育成していかなければならないと結構しっかりとした計算系のゲームという……( ゚ω゚)

最大四人まで遊べるのですけど、マップがそれほど大きくないのでますます影や木の位置を計算しないといけないと頭を使いまくる一品なのです!

2017年最後は「光合成」とプレイヤーがまさかの木になるというゲームで終わりましたけど、来年は果たしてどんなゲームと出会えるのですかねー? 今から楽しみなのですよ゚+。:.゚(*゚Д゚*)゚.:。+゚

ではでは、来年もキウイゲームズレビューをよろしくお願い致しますーっ!

ボードゲームレビュー第201回「光合成」

12月に紹介したボードゲーム
   

ボードゲームレビュー第194回「クトゥルフウォーズ」

毎週木曜日はキウイの日ーっ!٩(>ω<)و

ってなわけで、段々と寒さが強くなってきた11月の最初にご紹介するのは、アークライト様より発売中の「クトゥルフ・ウォーズ」なのですーっ!

発売前から噂は耳にしていたんですよ。
なんか、すっごいやばいのがリリースされるみたいな話を(笑)

とはいえ、すでにすっごいレベルのボードゲームはプレイ経験ありますし、今回もそんな大したことはないだろうとか思っていたんですよ……実際のサイズと値段を見るまでは(°﹃°)

フィギュアもすごく凝っているし、箱もビックサイズ……でも、でも、まさか三万円もするなんて……ぼ、ボードゲームの値段じゃねえ!?(まてこら)
いや、拡張とか購入したらそれくらいの値段になるのもありますけど、単品でその額は多分私が知っている限りだと初めてなんじゃないかと(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

まあ、値段の話ですっかり行を取ってしまいましたが、メインの1つであるフィギュアは完成度高いと思いますねー。
着色はされていないのですが、それでもクトゥルフの雰囲気を十二分に伝えてくれているのです ゚+。:.゚(*゚Д゚*)゚.:。+゚

そして肝心のゲームはというと……ふふふ、それはレビューを見てからのお楽しみなのですよーっ!! ゚m9(`・ω・´)っ 

ボードゲームレビュー第191回「カルタヘナ」

毎週木曜日はキウイの日ーっ٩(>ω<)و

さあ、200回の大台までカウントダウンとなってきましたねー。100回目は逃してしまいましたけど、できれば次こそは私のレビューで飾りたいのですよ(๑•̀ㅂ•́)و✧

そんな事を思いつつ、10月最初に今回ご紹介するのは、メビウスゲームズ様より発売中の「カルタヘナ」なのですーっ。

自分の海賊たちを要塞都市カルタヘナから脱出させる為に、一本道の地下道を巧みに前後移動したり、他の海賊を踏み台にしたりするという双六ゲームなのですよ。

まあ、双六というとすごく単純そうなイメージがありますけど、この「カルタヘナ」では、通常の双六で使用するようなサイコロは存在せず、全てカードで行われるのですよm9(`・ω・´)っ

なので、運要素はカード補充の時のみで、計算と予測が大事になってくるのですが、これも上級ルールになると完全に計算ゲームになっていくというかなりガチ仕様になっちゃうの(°﹃°)

ご興味のある方は、是非是非レビューにアクセスアクセスなのですーっ♪

ボードゲームレビュー第191回「カルタヘナ」

10月に紹介されたボードゲーム

↑このページのトップヘ