タグ:映画

20160409a

……ってなワケで、三家原です|・ω・)ノシ  

今年はコロナの影響で注目してる映画の公開が遅れたりしている今日この頃ですが、今回はクリストファー・ノーラン監督の「テネット」を観てきましたーっ\( 'ω' )/


いやー、事前情報ほぼゼロで来ちゃったんですけど、面白かったー٩(ˊᗜˋ*)و 
正直、最初は「ん?」となったんですけど、途中から「んん?」となって、最後は「ぉぉおー……!」となったのですよ(まてこら)

感覚としては、「ダーク・ナイト」な派手さに「インセプション」の演出、そして「インターステラー」を2つにパキッと割ってそのまま煮込んだカレーみたいな、いろんなエッセンスが複雑に混ざりあったスパイ映画だったのですよ……いやー、これ劇場でもう一回観るのもいいけど、DVDで途中止めて確認するレベルでネタが仕組まれてる感じがあってやばかったですね。

あと、主人公がデンゼル・ワシントンの息子だったいうのもびっくりしましたねー。
なかなかいい感じだったので、今後の活躍に期待大なのですよ ゚+。:.゚(*゚Д゚*)゚.:。+゚

20160409a

……ってなワケで、三家原です|・ω・)ノシ  

Amazonプライムで「家族ゲーム」が配信されているのを見つけたので、久しぶりに観てみる(*´ω`*)


アクションがメインの松田優作が、怪しげな家庭教師役を演じているのも面白いですけど、この作品で出てくる登場人物がほぼ全員変なのがまた。

いやー、いつ観ても変な気分になる作品ですね。

そういえば、作品中で「豊島園なら一番になれますね」って台詞がありますけど、東京の豊島園は先月閉園しちゃったですし、そのうちこのネタもわかりにくくなるのかなーっと思うと、なんかもにゃっとした気持ちになりますねー(O∆O)

オープンから94年で閉園ということで、古くからあったんだなーっと思ってご長寿な遊園地って調べてみたんですけど、生駒山上遊園地ってあと9年で100年目になるんですね……そ、そんな昔からあるのですか。

近所にある遊園地って事もありますし、この調子(?)で無事100年目を迎えて欲しいですね(๑•̀ㅂ•́)و✧

20160409a

……ってなワケで、三家原です|・ω・)ノシ  

劇場で観ようと思って観れなかった映画「ドント・ブリーズ」がNetflixで配信されてたので視聴( ˘ω˘)

眼が見えない老人の家に強盗でやってきた主人公たちが、あっという間に返り討ちに遭って脱出を図ろうとするスリラー映画なのですよ。


視力がないという圧倒的なハンデを背負っているはずなのに、恐ろしい勢いで殺しにやってくるおじいちゃん!!
たしかに、主人公達が手を出したのが悪いんですが、それにしても容赦のないおじいちゃん!!

果たして主人公たちは目的の金を手にして無事に脱出出来るのか!? それとも全滅してしまうのか!?
帰還兵であるおじいちゃんが、ゾンビの如く颯爽と襲ってくる度に、ドッキドキ!!

まさに最初から最後までぎっしりハラハラドキドキ展開だったので、これは劇場でぜひ観てみたかったなー……(*=ω=*)

20160409a

……ってなワケで、三家原です|・ω・)ノシ  

本業は書物ですが、時折憧れるのが喫茶店営業だったり(え)
いや、ほら、あれじゃないですか、昔だと結構喫茶店とか本屋さんやりつつ小説書いてるなんてキャラいるじゃないですか。ALWAYSの茶川さんも駄菓子屋経営しながら書いてたり(ㆁωㆁ*)

そんな事もあって、時折近所の賃貸情報眺めたりしているのですが、やっぱりそういうのをちょくちょく見てると……あるんですよね。入っては潰れ、入っては潰れを繰り返す物件((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
最初はラウンジだったんですけど、そこから喫茶店に生まれ変わって、それが駄目になったかと思ったらすぐバーに生まれ変わり、現在は空き家状態に……そこそこ大きなスーパーが前後にあって、人通り自体はありそうなのになー……。

でも不思議と立地はいいのに人が来ない場所ってありますよねー。
多分あのお店もその類なんじゃないかと思ったり、隣のお店は潰れず繁盛してるっぽいのに……むむむ、本当謎すぎる。むしろ、そこが繁盛してるから、お客さん吸い取られてるとかそういう類なのかしら?
しかも、前の喫茶店が気合を入れてリフォームした影響か、家賃が倍近く跳ね上がってたし、これは次のお店はしばらくなさそうだなっと思ったり。

まあ、喫茶店営業とか憧れはしますけど、今やっている仕事で手一杯ですし、夢のまた夢なお話ですね〜\( 'ω' )/

20160409a

……ってなワケで、三家原です|・ω・)ノシ  

ふと何か映画みたいなーっと思って、プライムビデオさんを漁っていたら「セル」を発見!(๑•̀ㅂ•́)و✧

今から4年前の2016年の映画ですが、何かでパッケージかポスターを観ていて、サミュエル・L・ジャクソンが出てるし、次これ観ようかな〜っと候補にしつつも忘れていたんですよね(まてこら)
内容としては、スマホを通じて発せられる怪電波によって、人々が次々とゾンビ化(レイジ化?)するパニックホラーですね。


近年ではゾンビ化の理由をウィルスとかにする傾向が多い中、珍しくオカルト系で攻めてきたなーっという印象はあったのですよ。
最初の掴みからまるでジェット・コースターのような流れで展開していって、ああやっぱりゾンビ映画だなーっと思う一方、サミュエル・L・ジャクソンが演技上手くてやべぇなーっと思ったり思わなかったり。

まあ予告ではめっちゃスティーブン・キング原作を推してたのえすが、私は事前情報ゼロで観終わった直後、ウイキペディアで情報を調べて知ったので、純粋に驚いたのですよ(O∆O)

いやー、本当に多作な方だなぁ。まさかこういうゾンビものも書いてるなんて……でも、同時に観終わった時に感じたのを納得させられたり。
あとキャストでも、同じくキング作の「スタンド・バイ・ミー」でデニー・ラチャンスを演じていたジョン・キューザックさんが出ていたり……なに、豪華な面々。

ゾンビ・パニックホラーとしては良作だと思いますが、ところどころで意見が分かれそうな要素があったりなかったり……うーん。まあ、キングですもねんね(まてこら)

↑このページのトップヘ